きとのおもちゃばこ。

名刺の肩書が『データアナリスト』になったけど、実態が無いので途方に暮れてます。

【読んだ本】一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書(2018)

社会科学なるものが全て「世界史」の上になり立っているという事実に、
高校生の受験勉強をしていた自分は気づいていなかった。

他領域の本を読んでも、ウェストファリア条約だの、ラダイト運動だの、
世界史の知識が必要になる場面は多々ある。

大学受験の貯金でなんとか乗り切りつつ社会人になったのだが、
抜け落ちてる一方の「世界史」について、多少は穴を塞がねばなるまいと、
「教養大好きビジネスマン」的な方が読みそうな世界史本を手にとってみた。

副題の「公立高校教師Youtuber」については存じ上げないのだが、
どうやら以下のチャンネルの方らしい*1

www.youtube.com

 

3行でまとめてみる
  • 一般的な教科書の「学ぶ順番」に意義を唱え、各国の通史を主軸に解説
  •  「科目:世界史は一つのストーリーである」という観点からの章立て

  • 「歴史科目=年号」という前提に対抗し、一切の年号を使わない
本書のもくじ
  • 序章  人類・文明の出現 
  • 1章  ヨーロッパの歴史 
  • 2章  中東の歴史 
  • 3章  インドの歴史 
  • 4章  中国の歴史 
  • 5章  一体化する世界 
  • 6章  革命の時代 
  • 7章  帝国主義と世界大戦 
  • 8章  西アジア・南アジアの近代史 
  • 9章  近代の中国 
  • 10章 現代の世界
感想とか
  • 本書の「通史を主軸」という方針は、
    Amazonレビューの『ドラクエ4』という表現がピッタリ。
    1〜4章が、ライアンやアリーナが主役のドラクエ4の1〜4章で、
    5章の大航海時代以降が、各章の主人公が一同に会するドラクエ4の第5章。
  • 教科書に比べると内容がコンパクトに纏まっていて、読み物として読みやすい。
    …が、コレは大学受験で世界史既習だからなのかもしれない。
  • 「ロシアは不凍港が欲しいから、地中海(トルコ)や日本と戦争した」
    「14-15世紀の百年戦争以降、帝国主義の頃までイギリスvsフランスの構図にあった」
    みたいな、各国の行動原理が抑えられているので、ストーリーは何となく掴める。
  • 「暗記科目」(=定期テストセンター試験)の世界史対策として読むと、
    「一度読んだら絶対に忘れない」は、さすがに大言壮語に思える。
  • 高校の世界史教育も、まずは本書相当の「ストーリー」を通して学んだ後、
    「世界史2周目」として、教科書で詳細な(受験レベルの)知識を肉付けするのが良いのかも。
こんな人におすすめ
  • マクニール『世界史』や、分厚い歴史教養本を買ったまま読んでいない人
  • 大学入試で世界史を勉強したっきり、世界史に触れていない人
  • youtubeQuizKnockの動画を暇つぶしに見ちゃう人

 

*1:動画は未視聴